トリートメント効果のある白髪染めが人気!

トリートメントタイプの白髪染め

白髪を染めたいと思っても一体どんな白髪染めを選べば良いのか悩んでしまうという人も多いことでしょう。
適当に選んでみたけれどいざ使ってみたら皮膚が痛んでしまった…とトラブルになってしまった人も少なくありません。
そのような失敗がないためにも白髪染めの正しい選び方についてチェックしておきましょう。

●髪質をチェック!

天然パーマやストレート、柔らかめ、硬めと人によって髪質は違います。
カラーが染まりやすいか、それとも染まりにくい髪質かどうか自分の髪の毛をチェックしてみてください。
比較的に染まりやすい髪の毛というのは、細くて柔らかい髪質の方が多く、逆に染まりにくい髪質は硬めで太い傾向がみられます。
染まりやすい髪質といっても染料が浸透しすぎてしまい、髪の毛が傷ついてしまう恐れがあるため、トリートメント配合の白髪染めがオススメ。
また、染まりにくい髪質でも痛みやすい場合があるのでそのときもトリートメントが配合されてある白髪染めを選んでください。
自分の髪質がどのようになっているのか把握しておくと良いでしょう。

●カラーは明るめのものを選ぶ

白髪染めもさまざまなカラーがありますし、どのくらい時間を置くのかによってもカラーはだいぶ変わってきます。
日本人の白髪は外人のように真っ白というわけではなく、少し黄色がかかっているのが特徴的。
よってカラーを選ぶときは少し明るめの色を選びましょう。
また、白髪の量によってもカラーの選び方が変わってくるので要注意。
例えば、茶系の髪にしたいのであれば、白髪が多い方はライトブラウンを、少ない方はダークブラウンを選んで染めるとキレイに仕上がります。
染料のパッケージに記載されてある仕上がりのカラーをしっかりチェックしながら選んでいきましょう。

●白髪染めトリートメントなら頭皮が弱い人も安心

トリートメントタイプの白髪染め

もし、頭皮が痛んでいる、アレルギーを持っているのであれば、トリートメント効果のある白髪染めが一番良いでしょう。通常の白髪染めだとどうしても頭皮や髪を傷めてしまいますので、アレルギーを持っている人や頭皮環境が悪い人はもっと酷くなってしまいます。

その点白髪染めトリートメントであれば、髪の毛の表面を染めるようになっているため、傷つけることがありません。トリートメント効果もあるので、髪の痛みも修復してくれますし、白髪染めしながら頭皮環境も改善してくれる優れものです。

頭皮や髪へのダメージのことを第一優先に選びたいのであればトリートメントタイプの白髪染めがオススメです。

 

どのくらいの頻度で使うべき?

トリートメントタイプの白髪染め

人間の髪の毛は周期があり、周期に沿って新しい髪の毛に生え変わっています。
白髪染めをしても成長期の髪の毛があれば再び白髪が生えてきますし、その度に染めていかなければなりません。
そこで、白髪染めはどのくらいの頻度で使えば良いのか、詳しくみていきたいと思います。
気になっている人はぜひチェックしてください!

●白髪染めトリートメントの場合は1~2週間に1回くらい

白髪染めトリートメントは頭皮や髪に優しいのと髪のトリートメント効果もあるのが一番のメリットです。(※要は普通のトリートメントの効果がある白髪染めという事です。)

安全であるのはメリットだけど、1回でズバッと黒くなるというわけではなく何回か使う事で自然な黒髪になるようになっています。

ですので、最初はシャンプー後のトリートメントとして毎日連続して使用します。

そして髪が黒くなったなぁ~と思ったら、そこから黒髪をキープするために1~2週間に1回くらいを使用していきます。1週間~2週間に1回だったらそんなに手間でもないですよね。また、白髪が部分的に目立ってきた時はちょっと連続して使ってみたり臨機応変に対応できるのもポイントですね。

●美容院などの場合は1~2ヵ月に1回くらい

トリートメントタイプの白髪染め

1ヶ月に1回美容室に行くという方が多いように、その度に白髪染めをしているかもしれません。
髪の毛の生え変わりスピードによって人それぞれ違いますが、2ヶ月に1回の全体染めをしている人が多いということが分かりました。
あまり白髪染めを使いすぎると頭皮が荒れてしまうので気をつけておかなければなりません。
芸能人は常に見られているため、3週間に1回は白髪染めをしているらしいのですが、一般人にとってはとても大変なことですよね。
染める時間もかかりますし、頻繁にするとお金もかかってしまいます。
2ヶ月に1回を基本と考え、もしその間に根元の白髪が目立ってきたらどうすれば良いのか、それは次の項目で説明します。

●部分的な白髪染めやキープは自宅でする

オススメの方法は、2ヶ月に1回は美容室で白髪染めをおこない、後は自宅でするという方法です。
2ヶ月に1回といってもその間に髪の毛は生え続けますし、白髪も目立ってくると思います。
そのようなときは部分染めとして自宅で白髪染めトリートメントを使い、白髪染めをしていくと良いでしょう。

全体的な白髪染めは美容室で行った後に、部分的な白髪染めは自宅でおこなうことになります。
また、白髪染めトリートメントなら黒髪のキープに有効的に使えます。黒く染めた状態で白髪染めトリートメントを使いだせば、3日に1回ぐらいに使用するだけで綺麗な黒髪をずっとキープする事も可能です。

放置しておくと髪の根元部分から白髪が目立ってきてしまうので、白髪染めトリートメントを定期的に使っていくのはとても理想的ですね。

トリートメントが配合されている白髪染めなら頭皮や髪に優しいので安心して使う事ができます。
白髪染めに一工夫するだけでも長く保ち続けることができますし、髪の毛を傷つけることもありません。

 

アンダーヘアに白髪染めは使える?

日本ではあまり一般的なことではありませんが、海外ではアンダーヘア事情がとても進展しています。
海外はアンダーヘアを整えたり、染めるなどしてケアをおこなうことが当たり前なのです。
最近では若者を中心に日本でもアンダーヘアのケアをおこなっている人が増えてきました。
アンダーヘアにも白髪が生えてくることがあり、白髪染めでアンダーヘアを染めることができるのか、疑問に思っている人も少なくないでしょう。

●なぜアンダーヘアに白髪が生えるの?

原因はさまざまですが、主にストレス、生活習慣の乱れ、栄養不足、加齢が挙げられます。
アンダーヘアに白髪が生えているとやはり落ち着かないものですよね。
白髪が生えるということはメラニン色素を生み出すためのメラノサイトの機能が弱まっている証拠なので活性化させることが1番の対処法になります。
規則正しい生活習慣を送り、栄養バランスの良い食事を心がけていきましょう。

●白髪染めは使えるの?

残念ながらアンダーヘア用の白髪染めはなかなか見つけられません。
そのため、白髪を剃ったり抜いたりする人が多いのですが、とてもデリケートな部分なのでそれは絶対にNGです。
剃る、抜くという行為をしてしまうと皮膚が傷ついてしまう恐れがあります。
その方法よりも髪の毛に使う白髪染めをアンダーヘアに使った方が安心でしょう。
白髪染めの中には刺激が強い成分が入っている商品もあるので、できるだけやさしい成分が含まれている自然素材でつくられた白髪染めを使ってください。
上記で紹介しているトリートメントタイプの白髪染めなら安全な成分のみなので安心です。間違っても通常の白髪染めをアンダーヘアには使わないように注意してください。
アンダーヘアの白髪染めは商品選びがとても大切になってきます。
上手く白髪染めを活用しながら対策・予防をしっかり立てていきましょう。

●ヒリヒリする場合はすぐにやめること

白髪染めでアンダーヘアを染めることはできますが、もし皮膚がヒリヒリし始めたらすぐに使用をやめてください。
髪の毛とは違い、とてもデリケートな部分ですし、一度肌トラブルになってしまえばなかなか治りません。
やさしい成分が含まれている染料を選んだとしても肌に合う合わないがあるため違和感があればすぐに使うのをやめましょう。