白髪ができる原因

トリートメントタイプの白髪染め

人間は歳を重ねれば重ねるほど髪が白くなっていってしまいます。
髪が白くなると若々しさがなくなり、老けてみえますよね。
よって、多くの人が“白髪染め”をするわけです。
では、なぜ髪は白くなってしまうのでしょうか。
白髪の原因について考えていきたいと思います。

 

 

●もっとも多いのが“加齢”

白髪の原因でもっとも多いのは“加齢”です。
人間はだいたい30代から細胞の活動が弱まり始め、体の老化が進んでいくと考えられています。
そのため、白髪の発生率も30代後半からとなっているのです。
加齢によって発生する白髪は、主に「過酸化水素の増加」と「成長ホルモンの減少」の2つが原因となっています。
過酸化水素は活性酸素が発生すればするほど多くなり、髪を漂白する作用が働き、そして、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうと黒髪をつくる働きが失われてしまうのです。

●若い人に多い“ストレス”

ストレスを受けやすい人が増えてきており、比較的若い人にみられる白髪の原因は“ストレス”となっています。
なぜストレスが白髪になりやすいのかというと、活性酸素が増えてしまうから。
ストレスを受け活性酸素が増える、その活性酸素が黒の色素を生み出しているメラノサイトに影響を及ぼし、活動を停止させてしまいます。
そういう流れでどんどん黒髪がなくなり、逆に白髪が多くなっていってしまうのです。
もっともひどい人では髪だけでなく、逃避も白くなってしまう「白班」がみられ、色素自体が薄くなってしまいます。

●食生活の乱れからくる“栄養不足”

もしかしてあなたは生活習慣が乱れていたり、栄養が偏った食事をしてはいませんか?
実は、白髪は栄養不足からきていることもあるので食生活を見直す必要があるかもしれません。
例えば、チロシンと呼ばれる成分が少なくなってしまうと黒髪に必要はメラニン色素が生まれなくなってしまいます。
メラノサイトの活動に欠かせないビタミンB12や葉酸、銅、カルシウムなど摂取しておきたい成分はさまざま。
食生活が乱れてしまっている人はそれらの成分が足りていないかもしれません。