自分でするor美容室でする?

白髪染めを市販の染料を使って自分でするか、それとも美容室でプロの方にしてもらうのか、どちらが良いのか悩んでいる人も多いでしょう。
自分でするのと美容室でしてもらう、それぞれのメリット・デメリットについてみていきたいと思います。
悩んでいる人は要チェックです!

●自分でするメリット・デメリット

トリートメントタイプの白髪染め

市販の白髪染めを使う方法のメリットとして1番に挙げられることは、「お金がかからない」こと。
美容室で白髪染めをすると10,000円はかかってしまうものです。
頻繁に白髪染めをするとなるとどうしても金銭面での負担が大きくなってしまいますが、自宅でするのであればとても安い値段で済みます。
安い値段で白髪染めができますが、問題は「時間がかかる事」です。
白髪染めトリートメントだとシャンプー後のトリートメント代わりに使う事で徐々に色が入っていくので、完全に染まるまでに時間がかかるのが難点です。
仕上がり自体は徐々に入っていくのでとても自然なので、この点はメリットですね。

●美容室でするメリット・デメリット

美容室で白髪染めをするメリットは何と言っても、「仕上がりがキレイですぐ染められる」という点になるでしょう。
プロがやってくれるのでとてもキレイな色に染まりますし、トリートメントを使っている美容室が多いので髪全体が艶のあるキレイな髪の毛になります。
また、自分が染めたいカラーに染めることができるのも美容室のメリットのひとつ。
市販だとどうしても希望していた通りのカラーにならないことが多いのですが、美容室では微妙なカラーの加減さでも的確に表現してくれます。
白髪染めでもお洒落を楽しみたい!という人は美容室がオススメです。
しかし、美容室でするにはお金がかかってしまうというデメリットがあります。
ほとんどの美容室ではカラーリングに10,000円はかかります。
そこにトリートメントやスタイリング代が入ってしまうと15,000~20,000円はとられることになるでしょう。
できるだけお金をかけないためにも定期的に美容室で白髪染めをしてもらい、後は自分でするという人が多いようですね。