白髪染めに良い成分とは?

さまざまなメーカーから白髪染めが発売されているように、白髪染めにもさまざまな成分が含まれています。
できるだけ髪の毛を傷つけないようにトリートメントや髪の毛に良いとされる成分が含まれていたり、刺激が強いもの、キューティクルを保護するものなどたくさんあります。
良い白髪染めを選ぶためにも、白髪染めに良い成分とはどのような成分になるのか、詳しくみていきましょう。

●よくみられる白髪染めの成分

アルギン酸Na、フェノキシエタノール、ステアリン酸グリセリル、イソプロパノール、セトリモニウムクロリド、パルミチン酸エチルヘキシル

トリートメントタイプの白髪染め

など白髪染めにはさまざまな種類の成分がたくさん入っています。
これらの成分はとくによくみられる成分であり、中でもアルギン酸Naは最近の白髪染めによく入っている成分です。
アルギノン酸Naは海藻類に含まれている成分で、キューティクルを逃がさないためのバリア機能を生成してくれる働きをもっています。
頭皮が乾燥しやすい、髪が傷ついていても白髪染めを使いたい人にはアルギン酸Naが配合されている白髪染めがオススメ。
また、カルシウムやたんぱく質はメラニン色素をつくるメラノサイトを活性化してくれますし、髪の毛の主成分になります。
白髪染めでもできるだけ髪を傷つけないような成分が含まれているものを選ぶと良いですよ。
ずっとキレイな髪の毛を維持し続けるためにも大切なポイントになります。

●食べ物からも摂取すると効果的!

白髪染めに良い成分はビタミン類、アミノ酸、亜鉛とほかにもさまざまなものが挙げられます。
白髪染めに含まれている成分がどのようなものなのか、使うまえにチェックすることも大切ですが、白髪染めだけでなく外からも必要な成分を吸収していくと良いでしょう。
例えば、毎日食べることになる食べ物を白髪に効果的な成分が含まれているものに変えるだけでまったく違います。
毎日少しずつでも白髪に良い成分を吸収していけば自然と白髪の発生も抑えられるはずです。
大豆、魚介類、海藻類、牛乳、卵、レバー、牛肉、ゴマなどが挙げられます。
白髪染めを活用するとともに食べ物にも気を遣っていくとより効率的に白髪を解消することができるでしょう。